ブログ

幹細胞治療でMRIを撮る理由

2023年06月28日(水)

こんにちは、お茶の水セルクリニックの寺尾です。
今回は、関節や筋肉の検査に欠かせないMRI検査(Magnetic Resonance Imaging)についてお伝えしていきます。

MRIのメリット

MRI検査というのは、日本語では磁気共鳴画像診断(じききょうめいがぞうしんだん)と呼ばれていて、磁石の力を使って体の中の詳細なデータを集める画像検査の一種です。

レントゲンは主に骨を映しますが、MRIは靭帯や軟骨なども映し出す事ができます。
軟骨の厚さや半月板の位置なども詳細に確認できるため、手術や幹細胞治療の経過観察などに重宝されています。

現代は身体への負担も少ないMRIを手軽に受けられるようになりました。
また、MRIは磁力と電磁波で画像を抽出するため、放射線に被曝する事がありません。

MRIで分かる炎症の兆候

MRIの特徴として、炎症を起こしている範囲を確認する事ができます。
炎症を起こしている範囲は、手術で直接患部を見ても正常部分とそこまで変りがありません。
MRIで炎症が起きている範囲を確認する事で、原因となっている箇所を確認して的確に治療をする事ができます。
通常の検査だと見えない情報まで入手することができるので、とても便利な検査方法です。

MRIと幹細胞治療

MRIの検査で得た情報を踏まえて幹細胞治療をしていく事で、効果や作用を正確に判断できます。
正確に患部の状態がわかる事で、今後の治療の方針を決めるための貴重な材料になります。
MRI検査は30分〜60分ほどかかる検査で、時間もかかるためお手間ではありますが、患部の状態を正確に知る貴重なデータになります。
当院に来院される際には、MRIの検査データをご持参いただけると助かります。

今回のまとめ

関節に痛みがある方は、関節の内部に異常がある事が多いと言われています。
例えば、膝関節であれば軟骨や半月板に異常がある事が多いのですが、レントゲンでは膝関節の骨の輪郭しかわからず、状態が間接的にしかわかりません。


ですがMRIを撮る事で、軟骨や半月板のより詳細な状態がわかります。
またMRIでは靭帯の異常もわかります。
軟骨や半月板の異常だと思っていたが、実は靭帯に異常が発見されるというケースもあります。
MRIは手術や幹細胞治療を行う際の貴重な情報になりますので、ぜひ受ける事をオススメします。
自分はMRIを受けた方がいいのか?と悩んでいる方は、まず一度当院にご相談いただければと思います。

※今回の内容は以下の動画でも見ることが可能です。

何かご不明な点等ございましたら、当院の公式サイトからお気軽お問い合わせください。