治療内容

筋肉・腱・靭帯損傷治療

筋肉・腱・靭帯損傷に対し、自己脂肪由来幹細胞を用いて局所注射療法を行います。
筋肉・腱・靭帯損傷は過剰な負荷が靭帯や筋、腱にかかることで、引き起こされます。
靭帯・腱は血流が乏しい部位も多く、自己修復が難しいため慢性的に痛みが続くこともあります。
当クリニックでは、ご自身の脂肪から取り出した幹細胞を培養、筋肉や腱、靭帯に注入し、治療を行います。
幹細胞治療は『再生医療等の安全性確保等に関する法律に基づく届出』を済ませている医療施設で、再生医療等提供計画を提出し、受理されている医療施設のみで実施できます。

幹細胞とは

「幹細胞」とは、骨・軟骨・腱・神経・皮膚などわたしたちの体をつくるさまざまな細胞に変化する能力【多分化能】と、自分と同じ能力を持った細胞に分裂することができる能力【自己複製能】を持つ細胞のことです。この「幹細胞」は、体内の損傷部位を探し当ててくっつき、炎症を抑えると共に傷を修復する働きがあると言われています。
ご自身の体から取り出した幹細胞を培養し、増やしてから体に戻す治療が幹細胞治療です。

幹細胞治療の流れ

はじめに問診、触診、MRI画像診断で医師が患部の状態を確認し、治療についてご説明します。また感染症などの血液検査を行います。

脂肪細胞を採取

へそのシワにあわせて局所麻酔後に皮膚を約5mm切開し、少量の脂肪組織を採取します。細胞の培養に必要な採血も併せて行います。所要時間は20分程度です。

細胞増殖

クリニック内の細胞培養加工室(CPC)で3~4週間かけて治療に必要な数まで幹細胞を増やします。

損傷部位へ注入

治療に必要な数に増やした幹細胞を筋肉・腱・靭帯の損傷部位に投与します。

一度の脂肪採取で複数回の治療に使用できる数まで細胞を増やしておくことで、待ち時間や追加の脂肪採取をすることなく治療を繰り返すことが可能です。
その場合は、増やした細胞を液体窒素で凍らせて保存を行います。細胞は長期保存ができます。

筋肉・腱・靭帯への幹細胞治療における適応疾患

下記疾患でお困りの方、スポーツ外傷で早期回復が必要なアスリートの方、
是非一度当クリニックへご相談ください。

  • 肩腱板損傷
  • テニス肘
  • 野球肘
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎
  • 足底筋膜炎