治療内容

PRP療法・APS療法

PRPとは、Platelet-Rich Plasmaを略した名称です。日本語では多血小板血漿と呼ばれていて、血液を遠心分離にかけ血小板を多く含む層を抽出したものです。新しい組織や細胞の成長を促す栄養素が含まれています。
当クリニックでは、筋肉・腱・靭帯などの軟部組織損傷や、変形性関節症及び関節痛(膝・股関節・足首・肩・肘・手首)に対し、PRP 療法、もしくはAPS療法(次世代型PRP療法)を用いた局所注射療法も行っています。PRP療法・APS療法は『再生医療等の安全性確保等に関する法律に基づく届出』を済ませている医療施設で提供計画を提出し、受理されている医療施設でのみ実施できます。

血小板とは

血小板は血液に含まれる成分です。出血した時に止血する働きがあります。血小板の中には様々なタンパク質(成長因子など)が含まれており、これらのタンパク質には炎症を抑える効果や組織の修復を促す作用があります。

PRP療法とは

血小板を濃縮した血漿を患部に注入することで、炎症を抑える効果や組織の修復を促すことを目的とした治療法です。PRPに含まれる成分が患部へ幹細胞を引き寄せることで、修復を促すことが期待できます。
患者様ご自身の血液を使用するため安全性も高く、当日の治療(日帰り)が可能です。

治療の流れ

はじめに医師が患部の状態を確認し、治療についてご説明します。

採血

治療に必要な血液を採血します。(15~55ml程度)

加工

特殊な専用キットを使ってPRP、APSを作成します。

投与

PRP、APSが完成次第、すぐに注射で患部に投与します。